読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

ベン・ウィリアムス(Ben Williams):将来はベースの巨人

ジャズミュージシャンと言ってはいけないのかな

意外に情報がない

ベン・ウィリアムス(Ben Williams)は、私の中では結構昔から「有名なベーシスト」でした。しかし、今回この項を書こうと、ネット上で資料を探し始めたら、意外や意外、彼の二枚のリーダーアルバムの情報以外に情報が非常に少ないのです。

f:id:westwind0813:20160827170936p:plain

引用元:http://msutoday.msu.edu/news/2013/go-green-go-grammys/

続きを読む

ジョン・パティトゥッチ(John Patitucci):今ではアコースティックの雄

 時代とともにスタイルを変化

ウエイン・ショーターのリズム隊

言わずと知れたジャズ・ベーシスト界最高峰の一人です。ピアニストのダニーロ・ペレス(Danilo Perez)、ドラマーのブライアン・ブレイドBrian Blade)と巨匠ウエイン・ショーター(Wayne Shorter)の最強リズム隊を務めていることで知られた存在です。

f:id:westwind0813:20160801105502p:plain

引用元:https://www.berklee.edu/news/john-patitucci-music-instrument-social-change

続きを読む

ダニーロ・ペレス(Danilo Perez):音楽の神に愛された男

パナマの英雄

ショーターを支えた強者

ダニーロ・ペレス(Danilo Perez)は1965年にパナマで産まれました。現代ジャズミュージシャンの多くがそうであるように、彼の音楽への入り口はクラシック音楽でした。20歳でアメリカに渡りバークリー音楽院に学ぶことになり、ジョン・ヘンドリクス(Jon Hendricks)やテレンス・ブランチャードTerence Blanchard)等と共演します。その後もウイントン・マルサリス(Wynton Marsalis)を始め数々の大物ミュージシャンと共演しています。2000年にはベースのジョン・パティトゥッチ(John Patitucci)、ドラムのブライアン・ブレイドBrian Blade)とともにウエイン・ショーター・カルテットの一員となり一気にジャズジャイアンツの一員に名を連ねることになります。

f:id:westwind0813:20160625150919p:plain

引用元:http://www.beethovenfm.cl/festival-chile-jazz-por-la-paz-con-danilo-perez/

続きを読む

マーティン・ウインド(Martin Wind):もっとメジャーになっていいんじゃない?

ジャズという音楽の地位を向上させる功労者

ジャズ・バルティカ

毎年7月から8月にかけてドイツで開催されている「ジャズ・バルティカ」というジャズ・フェスティバルがあります。これがなかなかレベル高いんですよね。ヨーロッパのそれもドイツということになればやっぱりクラシック音楽のメッカです。それが証拠に、このジャズ・バルティカが開催されている同時期、同地では「シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭」というクラシック音楽の大きなフェスティバルが開催されています。要するにジャズ・バルティカはそれに伴って開催されるようになったってことだと思います。実際に2002年からジャズ・バルティカはシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭の一部として正式に組み込まれたようです。昔からヨーロッパのジャズの尖鋭的な部分はクラシック要素が入り込んでくるようなイメージがありましたが、このジャズ・バルティカはまさにそのようなジャズ・フェスティバルです。

私がこのフェスティバルのことを知ったのはYouTubeの映像でした。YouTubeでジャズ・バルティカに絞り込んで様々な映像を観て聴いてしていると、そのフェスティバルの中心的存在としてマーティン・ウインドというベーシストがいることに気づきました。

f:id:westwind0813:20160527103230p:plain

引用元:https://www.allaboutjazz.com/turn-out-the-stars-martin-wind-what-if-music-review-by-mark-corroto.php

続きを読む

ギラッド・ヘクセルマン(Gilad Hekselman):透明感あふれるプレイが素敵です

現在のニューヨークジャズを象徴する一人

言わずと知れたイスラエル出身です

ギラッド・ヘクセルマン(Gilad Hekselman)はイスラエル出身です。今のニューヨークジャズシーンの特徴の一つが、イスラエル出身ミュージシャンの大活躍ですね。アヴィシャイ・コーエン(Avishai Cohen)、オマー・アヴィタル(Omer Avital)、エリ・デジブリ(Eli Degibri)、オズ・ノイ(Oz Noy)、サム・ヤエル(Sam Yahel)等々、素晴らしい若手ミュージシャンが活躍しています。ギラッド・ヘクセルマンは地元では早くも12歳でデビュー、地元の名門テルマ・イエリン芸術学校を卒業後、21歳で渡米、ニューヨークデビューしました。

f:id:westwind0813:20160515152655p:plain

引用元:http://jazztimes.com/articles/97075-gilad-hekselman-s-direct-connection

続きを読む

フィニアス・ニューボーン Jr(Phineas Newborn, Jr.):メジャーになりきれなかった天才

ジャズシーンにおけるゴッホ

今では誰もが彼を天才と呼ぶ

フィニアス・ニューボーン Jr(Phineas Newborn, Jr.)は「不遇の天才」と言われています。死後認められたという点でゴッホになぞらえることが出来ますが、そのこと以上にゴッホと類似している点があります。生前認められないという焦燥感から精神に異常をきたしたということが悲しい類似点なのです。

f:id:westwind0813:20160504100123p:plain

引用元:http://phineasnewbornjr.org/

続きを読む

最近のお気に入り

 2016年4月時点のお気に入り

 備忘録の意味も

長い人生の中で、ある時期を輪切りにすると、その時お気に入りで毎日のように聞いている曲がありますよね。どれくらいのサイクルで入れ替わっていくのかわかりませんが、数ヶ月のスパンでその時点での自分のお気に入りを書いていこうかと思います。後に自分で読み返して「ふ~~ん」と思い出す音楽の備忘録にもなるかとも思いますので。

f:id:westwind0813:20160411190127p:plain

引用元:http://www.shescribes.com/2015/04/listen-to-all-your-favorite-music-with-google-play-music-giveaway-ends-5615-2.html

続きを読む