読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

ベン・ウィリアムス(Ben Williams):将来はベースの巨人

ジャズミュージシャンと言ってはいけないのかな

意外に情報がない

ベン・ウィリアムス(Ben Williams)は、私の中では結構昔から「有名なベーシスト」でした。しかし、今回この項を書こうと、ネット上で資料を探し始めたら、意外や意外、彼の二枚のリーダーアルバムの情報以外に情報が非常に少ないのです。

f:id:westwind0813:20160827170936p:plain

引用元:http://msutoday.msu.edu/news/2013/go-green-go-grammys/

 文句なくカッコいい

彼のことを初めて知ったのはYouTubeでした。確かこの映像だったと記憶しています。


Ben Williams, NPR Tiny Desk Concert

私は、訳あって一時期ジャズから遠ざかっていました。再びジャズを聴くようになってもコンテンポラリーな現在進行形のジャズには触れていませんでした。そんな中で、ふとしたきっかけでこのYouTubeの映像を見つけ、純粋に「カッコいいな!」と思いました。いわばこの映像をきっかけで「今のジャズ」に触れるようになりました。そして、「Ben Williams」というキーワードでYouTube内を検索し


Marcus Strickland Trio - Prime


(X)po 2012 Ben Williams and Downtown Music Lab Performance

のような映像を見つけBen Williamsが現在のニューヨークジャズシーンで最も重要なミュージシャンの一人であることを知ることになります。

ブラック・ミュージック全般

YouTubeで様々な映像を見ると、彼が参加する音楽はジャズにとどまらず、ブラック・ミュージック全般におよんでいることがわかります。ひょっとしたら彼自身は自分がジャズミュージシャンだという認識はないのかもしれません。ただ、彼が頻繁に共演しているマーカス・ストリックランド(Marcus Strickland)は明らかにジャズミュージシャンだし、パット・メセニーPat Metheny)のグループに参加していましたから、やはり軸足はジャズにあるのかもしれません。

Coming of Age

 ベン・ウィリアムスはリーダーアルバムを二枚リリースしています。2011年の「State of Art」と2015年の「Coming of Age」です。残念ながら前者はアップルミュージックでは聴けませんのでアマゾン情報のみ掲載しておきます。

 

ステイト・オブ・アート

ステイト・オブ・アート

  • アーティスト: ベン・ウィリアムス,ジョン・ロビンソン,ジャリール・ショウ,マーカス・ストリックランド,マシュー・スティーヴンス,クリスチャン・スコット,ジェラルド・クレイトン,ジャマイア・ウィリアムス,エティエンヌ・チャールズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/08/13
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 このアルバムではヒップホップやR&Bの要素が色濃く、一部のジャズファンからは評判が良くなかったものの、現在のニューヨーク・ジャズシーンを代表する一枚として注目されました。

そして2015年に満を持して発表された「Coming of Age」は前作よりジャズフュージョンに軸足を置いており、よりこなれた内容となっており高い評価を受けています。このアルバムから「Black Villain Music」と「Coming of Age」の二曲をお聴きください。

 

Coming of Age

Coming of Age

 

 

Black Villain Music

Black Villain Music

  • ベン・ウィリアムス
  • ジャズ
  • ¥250

 

Coming of Age

Coming of Age

  • ベン・ウィリアムス
  • ジャズ

 メセニーグループ

パット・メセニーのグループのベーシストとして2013年に録音されたアルバム「KIN(←→)」から「On Day One」と「We Go On」の二曲をお聴きください。

 

Kin

Kin

 

 

On Day One

On Day One

 

We Go On

We Go On

 あのメセニーがこの段階でクリス・ポッターやアントニオ・サンチェスという大物に加えてベン・ウィリアムスをベーシストとしてチョイスしたことが凄いことだと思いますし、ベン・ウィリアムスがそれに見事に応えています。

将来のベースの巨人として一歩ずつ歩んでいます。