読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

ジョン・パティトゥッチ(John Patitucci):今ではアコースティックの雄

 時代とともにスタイルを変化

ウエイン・ショーターのリズム隊

言わずと知れたジャズ・ベーシスト界最高峰の一人です。ピアニストのダニーロ・ペレス(Danilo Perez)、ドラマーのブライアン・ブレイドBrian Blade)と巨匠ウエイン・ショーター(Wayne Shorter)の最強リズム隊を務めていることで知られた存在です。

f:id:westwind0813:20160801105502p:plain

引用元:https://www.berklee.edu/news/john-patitucci-music-instrument-social-change

 スタジオ・ミュージシャン

パティトゥッチはニューヨークのイタリア系の家庭に生まれました。10歳頃からエレクトリックベースを始め、15歳頃からはアコースティックベースも演奏するようになりました。1985年、26歳でチック・コリアの「エレクトリック・バンド」に参加するまではスタジオ・ミュージシャンとしてB.B.キングジョージ・ベンソン等のバックとして数多くのセッションに参加してキャリアを積みました。現在のジャズ界における立場から見ると比較的遅咲きだったのはこういう経歴からきています。

1987年にチック・コリアも参加して初のリーダーアルバム「ジョン・パティトゥッチ」を発表しました。

 

John Patitucci

John Patitucci

 

 この頃の彼は6弦のエレクトリック・ベースをまるでギターのように高速で演奏するスタイルで注目されていました。

Sketchbook

 当初のエレクトリック・ベースでのスタイルとして三枚目にリリースしたアルバム「Sketchbook」から「Spaceships」と「Scophile」の二曲をお聴きください。

 

Sketchbook by Patitucci, John (1990-07-19) 【並行輸入品】

Sketchbook by Patitucci, John (1990-07-19) 【並行輸入品】

 

 

Spaceships

Spaceships

  • ジョン・パティトゥッチ
  • ジャズ
  • ¥250

 

Scophile

Scophile

  • ジョン・パティトゥッチ
  • ジャズ
  • ¥250

 今ではアコースティックベースでオーソドックスなメインストリームジャズの王道で押しも押されもせぬ巨匠となったジョン・パティトゥッチからは少し意外なスタイルですが、フュージョン全盛の時代を反映しています。

 Line by Line

 2006年リリースの「Line by Line」から「Folklore」と「Line by Line」の二曲をお聴きください。

 

ライン・バイ・ライン

ライン・バイ・ライン

 

 

Folklore

Folklore

  • ジョン・パティトゥッチ
  • ジャズ
  • ¥250

 

Line By Line

Line By Line

  • ジョン・パティトゥッチ
  • ジャズ
  • ¥250

 メンバーは下記の通りです。

John Patitucci, double bass, 6-string electric bass (leader)
Adam Rogers, electric guitar, acoustic nylon-string guitar
Chris Potter, tenor saxophone
Brian Blade, drums
Richard Rood, violin
Elizabeth Lim-Dutton, violin
Lawrence Dutton, viola
Jeremy McCoy, double bass