読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

最近のお気に入り

 2016年4月時点のお気に入り

 備忘録の意味も

長い人生の中で、ある時期を輪切りにすると、その時お気に入りで毎日のように聞いている曲がありますよね。どれくらいのサイクルで入れ替わっていくのかわかりませんが、数ヶ月のスパンでその時点での自分のお気に入りを書いていこうかと思います。後に自分で読み返して「ふ~~ん」と思い出す音楽の備忘録にもなるかとも思いますので。

f:id:westwind0813:20160411190127p:plain

引用元:http://www.shescribes.com/2015/04/listen-to-all-your-favorite-music-with-google-play-music-giveaway-ends-5615-2.html

 Ari Hoenig "You are My Sunshine"

アリ・ホーニグ(Ari Hoenig)の曲は最近よく聴きます。中でもアルバム「The Pauper and the Magician」の中の「You are My Sunshine」は現場の行き帰りのバス車中で毎日のように聴いています。アリ・ホーニグのメロディックなドラムがユーモラスでカッコいいです。

 

The Pauper & the Magician

The Pauper & the Magician

 

 

You Are My Sunshine

You Are My Sunshine

  • Ari Hoenig
  • ジャズ
  • ¥200

 このアルバムからもう一曲「Lyric」もお気に入りです。アリ・ホーニグのナンバーではめずらしくタイトル通りリリカルですが、ギターのギラッド・ヘクセルマン(Gilad Hekselman)やテナーのティヴォン・ペニコット(Tivon Pennicott)が最高です。

 

Lyric

Lyric

  • Ari Hoenig
  • ジャズ
  • ¥200

メンバーは下記の通りです。

Ari Hoenig (drums)
Tivon Pennicott (tenor sax)
Shai Maestro (piano)
Gilad Hekselman (guitar)
Orlando le Fleming (bass)

Jean-Michel Pilc "Satin Doll"

ジャン・ミシェル・ピルク(Jean-Michel Pilc)のアルバム「New Dreams」から「Satin Doll」もお気に入りです。このアルバムには他にも「But not for Me」や「Straight No Chaser」などの話題になった名演奏が入っていますが、私的には「Satin Doll」が妙に気に入ってます。もちろん「But not for Me」も好きですけど。両方聴いてみてください。

 

New Dreams

New Dreams

 

 

Satin Doll

Satin Doll

  • Jean-Michel Pilc
  • ジャズ
  • ¥200

 

But Not for Me

But Not for Me

  • Jean-Michel Pilc
  • ジャズ
  • ¥200

 メンバーは下記の通りです。

Jean-MichelPilc(p)
Thomas Bramerie(b)
Ari Hoenig(ds)
Mark Mondesir (ds)

ゲイリー・バートンパット・メセニー

ゲイリー・バートンGary Burton)とパット・メセニーPat Metheny)の共演が最近のお気に入りです。「Quartet Live!」の中に入ってるメセニーおなじみナンバー「Question and Answer」と「Like Minds」から「Soon」が最近のお気に入りです。

 

クァルテット・ライヴ!

クァルテット・ライヴ!

 

 

Question and Answer

Question and Answer

 

 

 「Quartet Live!」のメンバーは下記の通りです。

Gary Burton: vibes

Pat Metheny: guitar

Steve Swallow: electric bass

Antonio Sanchez: drums

「Like Minds」のメンバーは下記の通りです。

Gary Burton – vibes
Chick Corea – piano
Pat Metheny – guitar
Roy Haynes – drums
Dave Holland – bass

ゲイリー・バートンとメセニーってキャラが異なる印象があって、実際に聴いてみると、やっぱり若干の違和感があるんですけど、それが微妙におもしろいというかワクワク感が生まれてくるように思います。