読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

コールマン・ホーキンス(Coleman Hawkins):スウィングからビバップまで

 若いミュージシャンから慕われました

ビバップの開祖 

アビー・リンカーン(Abbey Lincoln)の名盤「Straight Ahead」や「We Insist」に参加している御大ということで、今回はコールマン・ホーキンス(Coleman Hawkins)です。アビー・リンカーンというよりも、その夫となるマックス・ローチMax Roach)の師匠筋に当たるという関係ですね。レスター・ヤングLester Young)とともにビバップの開祖とされています。サックスという新しい楽器をソロ演奏が可能な楽器に押し上げたのも彼の功績とされています。スウィング・ジャズからビバップへの変化の中でも見事に対応し、多くのミュージシャンに影響を与えました。それでいて尊大な雰囲気はなく若いミュージシャンとも協調した姿勢は評価が大きいですね。

f:id:westwind0813:20160327195039p:plain

引用元:http://www.allaboutjazz.com/coleman-hawkins-by-henk-de-boer.php

「Body and Soul」の大ヒット 

コールマン・ホーキンスアート・テイタムArt Tatum)やルイ・アームストロングLouis Armstrong)に影響を受けたということです。1934年から1939年になるまでヨーロッパで活動し、ジャンゴ・ラインハルト()やステファン・グラッペリ(Stéphane Grappelli)と共演します。帰国すると「Body and Soul」の大ヒットを生みます。

2009年にリリースされた「Body and Soul - the Complete Recording 1929 - 1943」というアルバムがあります。そのアルバムから「Body and Soul」と「You'd be so Nice to Come Home to」の二曲をお聴きください。

 

Body and Soul

Body and Soul

 

 The High and Mighty Hawk

1958年に代表作の呼び声高い「The High and Mighty Hawk」をリリースします。そのアルバムから「My One and Only Love」と「Ooh-Wee, Miss G.P.」の二曲をお聴きください。メンバーは下記の通りです。

Bass – Ray Brown
Drums – Mickey Sheen
Piano – Hank Jones
Trumpet – Buck Clayton

 

ハイ・アンド・マイティ・ホーク

ハイ・アンド・マイティ・ホーク

 

 

My one and only love

My one and only love

 

Ooh-wee, Miss G.P.!

Ooh-wee, Miss G.P.!

 レギュラー・カルテット結成

1960年頃にはトミー・フラナガンTommy Flanagan)らとレギュラー・カルテットを結成し活動しました。また、彼を慕うソニー・ロリンズSonny Rollins)やバド・パウエルBud Powell)、マックス・ローチMax Roach)などとも録音、デューク・エリントンDuke Ellington)とも共演しています。

1963年にレギュラー・カルテットで録音した「Today and Now」から「Don't Love Me」と「Don't Sit Under the Apple Tree」の二曲をお聴きください。

 

トゥデイ・アンド・ナウ (紙ジャケット仕様)

トゥデイ・アンド・ナウ (紙ジャケット仕様)

 

 

Don't Love Me

Don't Love Me

 

 一応メンバーを記しておきます。

Coleman Hawkins – tenor saxophone
Tommy Flanagan – piano
Major Holley – bass
Eddie Locke – drums