読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

ハンク・ジョーンズ(Hank Jones):「ミスター・スタンダード」と呼ばれた男

ピアノ

 常にジャズのメインストリームを行く

最も親しまれたピアニスト

前回のエルヴィン・ジョーンズのお兄ちゃんです。アメリカ人に最も親しまれたアメリカ人ピアニストと言っても言いすぎじゃないと思います。ケネディ大統領の誕生パーティーでマリリンモンローが色っぽく「ハッピーバースデー」を歌う有名なシーンがありますが、ピアノ伴奏はハンク・ジョーンズでした。ハンク・ジョーンズは、ジャズのスタンダード曲を1,000曲以上記憶していたと言われており、「ミスター・スタンダード」と呼ばれていました。

f:id:westwind0813:20160319115323p:plain

引用元:http://okmusic.jp/musichubz/artists/9266/images

 メインストリーム

ハンク・ジョーンズは1944年にニューヨークに出て、膨大な量のセッションをこなし、猛練習します。1947年に初リーダーアルバムを録音、ノーマン・グランツJATPに参加し、またエラ・フィッツジェラルドの伴奏者として名を上げていきます。まさに、メインストリームにどっぷりつかり、突っ走ります。1956年にリリースした「Bluebird」から「Little Girl Blue」と「Hank's Pranks」の二曲をお聴きください。

 

Bluebird

Bluebird

 

 

Little Girl Blue

Little Girl Blue

 

Hank's Pranks

Hank's Pranks

 活発に活動

1970年代から1980年代にかけてハンク・ジョーンズは極めて活発に活動します。1977年リリースの「Bop Redux」と1978年リリースの「Groovin' High」の二枚が一つになって一枚のCDとして再発されています。その中から「Bop Redux」より「Confirmation」、「Groovin' High」より「I Mean You」を聴いてください。

 

Bop Redux

Bop Redux

 

 

グルーヴィン・ハイ

グルーヴィン・ハイ

 

 

Confirmation

Confirmation

 

I Mean You

I Mean You

 メンバーは

Bop Reduxは下記の通りです。

Hank Jones - piano
George Duvivier - bass
Ben Riley - drums

そして、Groovin' Highは

Hank Jones - piano
Thad Jones - cornet
Charlie Rouse - tenor saxophone
Sam Jones - bass
Mickey Roker - drums

となっています。

練習の虫

21世紀に入ってもハンク・ジョーンズは元気に活動します。ハンク・ジョーンズは練習の虫でした。「練習は、1日休めば自分に分かる。3日休めばカミさんが分かる、7日休めば仕事が無くなる」が口癖だったと言います。そんな彼も2010年の4月急に体調を崩し闘病の末5月16日に亡くなります。

2004年にリリースした「For My Father」より「Prelude to a Kiss」と「Because I Love You」の二曲をお聴きください。

 

For My Father

For My Father

 

 

Prelude to a Kiss

Prelude to a Kiss

 

Because I Love You

Because I Love You

 このアルバムのメンバーは

Hank Jones (piano); George Mraz (bass); Dennis Mackrel (drums)

となっています。