読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

ホレス・シルバー(Horace Silver):ファンキーでわかりやすいね!

ブルーノート一筋でした

ブルーノートカラーは彼が作った

アート・ブレイキー(Art Blakey)とともにジャズ・メッセンジャーズJazz Messengers)を立ち上げたというつながりで、今回はホレス・シルバーHorace Silver)です。ホレス・シルバーは、ブルーノートにやたらめったらアルバムを残しています。ブルーノートカラーは彼が作ったと言っても過言ではありません。でも、そのきっかけは偶然だったようです。元々ルー・ドナルドソンLou Donaldson)がブルーノートでカルテットの録音をする予定だったのがキャンセルとなり急遽ホレス・シルバーのトリオでの録音に切り替えたということです。以前からアルフレッド・ライオン(Alfred Lion)がホレス・シルバーをデビューさせようと思っていたので、いい機会だということになったようです。

f:id:westwind0813:20160315175557p:plain

引用元:http://www.nmz.de/online/jazzpianist-horace-silver-mit-85-jahren-gestorben

 作曲家としても有名

ホレス・シルバーは、ピアニストとして有名ですが、それ以上と言っても過言でないほど作曲家としても高名です。私が存じ上げる日本のジャズ・ミュージシャンでも好んで彼の曲をとりあげる方がいます。「Nica's Dream」「Opus de Funk」「The Preacher」「Doodlin'」等々、数え上げたらきりがありません。

ブルーノート初期から「The Tokyo Blues」を聴いてみましょう。「Sayonara Blues」と「Ah! So」の二曲です。もちろんホレス・シルバーの作曲です。トランペットはブルー・ミッチェルBlue Mitchell)、サックスはジュニア・クック(Junior Cook)、ベースはジーン・テイラー(Gene Taylor)、ドラムはジョン・ハリス Jr.(John Harris Jr.)です。

 

THE TOKYO BLUES ザ・トーキョー・ブルース
 

 

Sayonara Blues

Sayonara Blues

 

Ah! So

Ah! So

ブルーノート一筋 

その後もホレス・シルバーはずっとブルーノートからアルバムを出し続けます。1966年リリースの「The Jody Grind」から「Mary Lou」と「Mexican Hip Dance」です。お聴きください。トランペットはウッディ・ショー(Woody Shaw)、テナーはタイロン・ワシントン(Tyrone Washington)、アルトはジェームス・スポルディング(James Spaulding)、ベースはラリー・リドリー(Larry Ridley)、ドラムはロジャー・ハンフリーズ(Roger Humphries)です。

 

ザ・ジョディ・グラインド

ザ・ジョディ・グラインド

  • アーティスト: ホレス・シルバー,ジェームス・スポールディング,ラリー・リドレー,ウディ・ショウ,タイロン・ワシントン,ロジャー・ハンフリーズ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1997/08/27
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Mary Lou

Mary Lou

 

Mexican Hip Dance

Mexican Hip Dance

 BN-LA時代も

ブルーノートがBN-LA時代になってもホレス・シルバーブルーノートと契約し続けます。その頃の名盤「In Pursuit of the 27th Man」から「Kathy」と「Summer in Central Park」の二曲をお聴きください。ヴァイブはデヴィッド・フリードマン(David Friedman)、ベースはボブ・クランショー(Bob Cranshaw)、ドラムはミッキー・ローカー(Mickey Roker)です。このアルバムには他にブレッカー兄弟(Randy & Michael Brecker)も別の曲で参加しています。

 

イン・パースート・オブ・ザ・27th・マン

イン・パースート・オブ・ザ・27th・マン

 

 

Kathy

Kathy

 

Summer in Central Park

Summer in Central Park

 ブルーノート

1980年頃にブルーノートが活動を休止した為、ホレス・シルバーは自分でレーベルを立ち上げ、数枚のアルバムを残しています。残念ながらそのアルバムは聴いたことがありません。1990年代になると、インパルスと契約します。