読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルフィーのバスクラを聴け

ジャズ(Jazz)を中心とした洋楽を、アップルミュージック(Apple Music)で聴けるように紹介していきます。

ベース

ベン・ウィリアムス(Ben Williams):将来はベースの巨人

ジャズミュージシャンと言ってはいけないのかな 意外に情報がない ベン・ウィリアムス(Ben Williams)は、私の中では結構昔から「有名なベーシスト」でした。しかし、今回この項を書こうと、ネット上で資料を探し始めたら、意外や意外、彼の二枚のリーダー…

ジョン・パティトゥッチ(John Patitucci):今ではアコースティックの雄

時代とともにスタイルを変化 ウエイン・ショーターのリズム隊 言わずと知れたジャズ・ベーシスト界最高峰の一人です。ピアニストのダニーロ・ペレス(Danilo Perez)、ドラマーのブライアン・ブレイド(Brian Blade)と巨匠ウエイン・ショーター(Wayne Shor…

マーティン・ウインド(Martin Wind):もっとメジャーになっていいんじゃない?

ジャズという音楽の地位を向上させる功労者 ジャズ・バルティカ 毎年7月から8月にかけてドイツで開催されている「ジャズ・バルティカ」というジャズ・フェスティバルがあります。これがなかなかレベル高いんですよね。ヨーロッパのそれもドイツということ…

ポール・チェンバース(Paul Chambers):バップの名盤に大きく貢献

オーソドックスなスタイルを完成、堅持した 多数の名盤に貢献した ポール・チェンバース(Paul Chambers)も33歳という若さで亡くなってしまった偉大なミュージシャンです。ヘロイン中毒で身体を弱らせた挙句の肺炎によるものでした。全くもったいない話です…

チャールズ・ミンガス(Charles Mingus):怒れるベースの巨人

ミンガス・ミュージックというしかない D. エリントンからクビになっちゃった 今回は、チャールズ・ミンガス(Charles Mingus)ですが、前回のデューク・エリントン(Duke Ellington)から何故つながるのかと言うと、チャールズ・ミンガスはデューク・エリン…

レイ・ブラウン(Ray Brown):ベーシスト憧れの巨人

レイ・ブラウンは常にジャズの中心にいた ディジー・ガレスピーのベーシスト レイ・ブラウン(Ray Brown)はエラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)と結婚していたんですよね。今思うと、凄い夫婦ですね。 レイ・ブラウンはハイスクール時代からピッツ…

ニールス・ペデルセン(Niels-Henning Ørsted Pedersen):ベースの音が変わった

ベースをフロントに出しちゃった 聴いたことのない音 ニールス・ペデルセン(Niels-Henning Ørsted Pedersen)に出会ったのもジャケ買いしたレコードでした。学生時代、いつものようにレコードを漁っていると、輸入盤の中に見慣れないジャケットのレコードを…

クリスチャン・マクブライド(Christian McBride):若きヴァーチュオーゾ

ジャズベース界の中心的存在 ベースの立場 現在のジャズにおけるベースというパートの立場はバップジャズにおけるそれと比較にならないほど重要なものとなっています。あの時代のベースとドラムはあくまでもリズムのキープとコード上のアンサンブルとしての…